スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.05.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

映画がすきなのか。

 映画がすきなのか聞かれると
もちろん好きと答えるけれど
知識的には浅すぎてつかいものにならん。。

画像は全く関係のないラケルのパフェである。


とにかく本数をみればいいような気もするし
なかなかできないきもするし・・。
てなわけで今週末公開の映画をヤフーから拾ってきて
取捨選択してみようかしら。

10月8日
アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ
(1994年にレース中の事故で他界したF1ドライバー、アイルトン・セナの実像に迫るドキュメンタリー。)
F1ねー、おもしろい。やはりレースがね、ロマンだから。
これは見てみたいけど、DVDでいいやなー的なかんじ。 

10月9日(土) 
 REDLINE
(エアカーが走る未来を舞台に、レーサーたちが宇宙最速の座を懸けてルール無用のデッドヒートを繰り広げる体感型アニメーション映画。 )
絵柄が苦手なので、見ないと思う。でもこういうものこそが、要チェックなんだろうなー。
 
 ナイト&デイ
(いい男との出会いを夢見る平凡な女性がミステリアスな男と偶然の出会いを果たすも、その男がスパイだったために大騒動に巻き込まれるというラブストーリーをベースにしたアクション。)
テレビの洋画劇場でみたらいいや的なかんじ、キャメロンもトムも特別好きではないが、
日本語版は森川さんなので、気になるw

 
 死刑台のエレベーター
(ヌーベルバーグの傑作と評されるルイ・マル監督の同名サスペンスを、世界で初めてリメイク。)
みっつんが音楽ドーなんよって言ってたので気になる。でも先に大元のやつみてから判断。


 乱暴と待機
(浅野忠信、美波、小池栄子、山田孝之という実力と人気を兼ね備えた俳優たちが共演し、愛憎交わる奇妙な人間ドラマを繰り広げる群像劇。 )
キャスト押しの宣伝ってことは内容が微妙なのではと邪推。本谷さんは気になるけど、小池栄子入れちゃったあたりが気に食わない。

 
 不食の時代 〜愛と慈悲の少食〜
(少食の生菜食療法「甲田メソッド」で難病を克服した人々に取材し、その実態に迫るドキュメンタリー。)
全く意味がわからないw知らないものは怖いものの法則で気にしないw


 冬の小鳥
(『シークレット・サンシャイン』のイ・チャンドン監督が脚本を気に入り、プロデュースを買って出た感動作。 )
はんりゅう?かな。うーん。あまりきにならん。


 乱暴者の世界
(超能力者の男とその能力が及ばない男の攻防を描き、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で評判を集めた青春サスペンス・ファンタジー。 )
邦画。力があるのかようわからん。新しい人使ってる映画実は自分は好きじゃないのかーともおもう。


 プチ・ニコラ
(フランスで50年以上愛され続けている国民的絵本「プチ・ニコラ」を、『モリエール恋こそ喜劇』のローラン・ティラール監督が実写映画化したハートフル・コメディー。 )
ヤフーの解説を詳しく読むと少し見てみたくなった。

10月9日(土)  
 夏の家族
(フランス在住の舞踏家・岩名雅記がメガホンを取り、奇妙な家族関係を描いた人間ドラマ。)
最近舞踏家とか好きだから、気にはなるなー。でも解説読んだら大胆な性描写とあり
あ、そういうことかとおもった。
 
 ブロンド少女は過激に美しく
(ポルトガルの文豪エサ・デ・ケイロスの短編小説を、撮影中に100歳の誕生日を迎えた巨匠マノエル・デ・オリヴェイラが舞台を現代に移して映画化。 )
なんか、映画館でみたいなーってかんじの画像が付いてる。
たぶん退屈しちゃうけいなのでは?文学系っていうのはなぁ・・・なんとも。ふつくしそうではあるけど
 
 半次郎
(俳優の榎木孝明が企画を立ち上げ、明治維新の時代に活躍した薩摩武士・桐野利秋(中村半次郎)の生涯を描いた時代劇。 )
年末に向けた時代劇合戦という意味では気になるけども、明治維新とか苦手やw
 
 美女と野獣 ディズニーデジタル3D
(アニメーション映画として初のアカデミー賞作品賞にノミネートされた、1991年公開の35ミリフィルムによる『美女と野獣』のデジタル3D版。 )
デジタル3D版。興味はある。ストーリーも知ってるし、好きな作品だけど3D?ってかんじ。
 
 バカがウラヤマシイ
(内定が決まらず、周囲に隠すように零細企業に就職した女の子が、先輩の副業を手伝ううちにトラブルに巻き込まれる人間ドラマ。)
へー、そうですか的なあらすじやねwバカがウラヤマシイっていう気持ちは誰しも持ってしまうのではないかな?要は見方の違いなんだろうけど。
 
 君へのメロディー
(『タクミくんシリーズ美貌のディテイル』の横井健司が監督を務め、『月と嘘と殺人』の佐藤永典を主演に迎えたラブストーリー。 )
タクミくんシリーズってBLじゃね?って思ったら、やっぱそうやった。
岡本玲をもっとうりだしたいよーってかんじの映画に見える。
 
 永山裕子 薔薇を描く
(女性を中心に圧倒的な支持を受ける水彩画界のカリスマ、永山裕子の創作の場面にカメラが迫るドキュメンタリーシリーズ第1弾。)
誰wwwwwwwって思ったので見ないと思う。もし興味が持つ瞬間が現れたら、価値が倍増なんだろうけど。


10月10日(日) 
 風のなかで/むしのいのち くさのいのち もののいのち
(都会の一角で木々に守られるようにしてただずむ中瀬幼稚園を舞台に、卒園間近の子どもたちの1か月間をとらえたドキュメンタリー。 )
教育っていうキーワードでは惹かれるけど、ドキュメンタリーは私情が出るから、純粋に教育現場の声っぽくなさそうでやだなー。


というわけで、1行のあらすじから、映画の内容を予想して
コメントを書くっていう無駄な作業をしてみた。
正直10月のこの週は微妙な感じなんだなとおもった。
規模が小さい系でもっと魅力的な映画があればなぁ。
一番観たいものでいくと、プチ・ニコラかなぁ?

ライフドアとラッシュライフ

ブログに書くまでもない
お気に入りじゃない映画を2本

ライフドア。
邦題が残念
そして、主演がジョシュで残念
そしてストーリーが残念。
だけど、日本語吹き替えは森川さん万歳。
ってかんじだった(笑)
ホリエモンとかけてるのは見え見えな邦題だよね。
内容は、ホリエモン的な会社のダメ人間社長が
まぁもちろん事業に失敗するけれど
それでも弟への愛は忘れずにいたよっていう
ことなんでしょうけどね。
チ○○好きの監督なのか
そんな遊びをちょいちょい入れてるあたりもウザいw

×

ラッシュライフ。
エクスペリメンタルフィルム調な
1話目から始る4つのオムニバスでした。
堺正人が表紙にいるから
そういうやつかとおもったら、全然出てこないなーってかんじだった。
グロ注意かな。
まぁとにかくつまらないw
1話目はシェーキーすぎてつまらない
後は順番忘れたけど
いきなりさよならみどりちゃん調になるところがあったりして
笑えた。
伊坂さんの小説版を読んでないからなんともいえないけど
いつものどんでん返し系のは
堺雅人の話くらいしかなかった。
何気、アヒルと鴨、ゴールデンスランバーと
中村さんの伊坂シリーズを劇場で見てるだけあって、
そういうのを期待しちゃったら
なんか残念だった。

×


バートン・フィンク

久々にこの映画はすごいな
っていう映画だった。

まぁ謎が残るっていう終わり方が
すきか嫌いか分かれそうだけど。

バートン・フィンクという劇作家が
LAに来て、レスリング物の映画を
書くことになり、書きあがるまでに事件に巻き込まれる
っていう内容なんだけど
ストーリーが進むのと
主人公の心境を考えるのとが
すっごくマッチしてて
本を読んでるみたいなかんじ。
村上春樹っぽいかんじ!

ロジャー・ディーキンスの映画を見てやろうと思って
借りてきたんだけど、
コーエン兄弟のやつだから
何気ブシェミさんとかいて
萌えたw

一番最初のシーンと
廊下の靴のシーンとか好きだった。
面白い。




アリスインワンダーランド

観てきたよ〜!

うーーーーん。
微妙w
好きな映画には入れるけど。

ティムバートンもアリスも好きなんだけど
何か期待と違った。

ちょっと怖い感じがたりないような・・・。
こっけいすぎる。
猿の惑星レベルかなwww

っていうか2000円は高すぎる!ww

ところで、高島屋行ったら
Q-potで
トラウマ花のネックレス売ってた。。。。コワイコワイコワイ。。。
http://www.q-pot.jp/disney/alice-flower-garden/singing-rose-pansy-marigold.html

この歌う花見て以来私はパンジーが嫌いになったんだと思うの。

っていうか、やっぱり
アリスはあのアニメに影響されすぎて、
何を見てもあのアリスを期待しちゃうんだろうなぁあ。

チシャ猫だって
あのじゃじゃ丸に似ている感じがすきなんだ。。
確かに、映画のCG版の消える感じは好きだったけど・・・
でも顔が気に入らない。


そうだ。本を読んだことがないからかもしれない。。
けど読む気が起こらない。。


シャーロックホームズ。

わたしが好きなのはユアンですが

シャーロックホームズ見てしまった。
そしたら、ジュードとケリーが出てたwww

序盤で、めっさこの女優の声聞いたことアル!って
思って、最後のエンドクレジットみるまで
あー、デズデモウナやんな
デズデモウナーーーって
気になってしょうがなかったけど
やっぱりそうだった。

ユアソがやってたオセローの劇で
デズデモウナを可憐なヴォイスで演じてたあの人でした。
彼女の声は本当に素敵だよ。
ルックスは・・・イギリスっぽいけど。

あの日。居た2人やの。
このシャーロックホームズさえユアンにオファーがきてれば
どれだけ凄いことになっていたか(違)

で、まぁロバートダウニージュニア初見だったけど
なんか、ロッキー路線の人だったのかって
ちょっと驚いた。
もっと普通の俳優だと思った。
なんていうか、タイトルロールをやって、派手にアクションかます
顔には見えんからwww

チャップリン役やった映画観たいかも。

で、ジュードは相変わらずインテリとか
そういう役だった。。ぷーん。


さて、次に観たい映画は
http://www.hic-dragon.jp/
かもしれません。


フィリップ、君を愛してる。


見てきた〜!!!
神と一緒に。。

久々のユアン映画ですが
何せゲイ映画なもんでドキドキでした。
(客層はほとんど女の人だった。)

で、映画が始まってもちろん主役?は
ジムキャリーなので、
しばらく奴ばかりを見る・・・。
で、ようやくタイーホされたら
ユアンの登場なんですけど、
なんか黄色ヘアー見慣れたせいか
違和感なかったかも・・・。

かわゆす。。
でもごついwww
ガチムチ。

でも、かわいい。。
なんでしょうねこの人。
おっさん同士なのに。
いや、かわいいのはユアンだけなんです。
ジムキャリーはほんとコメディアン過ぎて何も言えません。
言うとすれば、年取ったなぁあ。。だな。


でも意外とストーリーは面白かった。
ユアンはフィリップで
ジムが詐欺師のスティーブン。
で、スティーブンが、根っからのゲイで、
フィリップに一目ぼれ。
で、詐欺を働きまくって、フィリップに尽くす映画。
(と解釈してはいけないだろうけど)
なんかね、もっと浅いのかと思ったら、
何でスティーブンが歪んでるかとか
何でここまで堂々としてられるかとか
ちゃんと、描いてあるのね。そこが良い。

牢獄の中のシーンのユアンはもう初期の90年代のユアンの演技の再来?
って感じ。超もうねぇいいね。萌えだ。
イアーゴとかの狡猾系ユアンも好き。
・・・でも、どの役やってもさぁ、なーーーーんか
ピュアすぎる。いい人っていうか
裏がなさそーなそういうのがいい。


最後の方で、めっちゃ切ない電話シーンがあって
そこのフィリップがもうしょうがないくらいにかわいい。。
でもその次のシーンで、
なんだか、乙女キャラに成り下がったユアンに
ちょっとげんなりしてたら
案の定どんでん返しが来ますた。。

ユアンの演技で先が読める悲しさ(笑)
天使と悪魔のときもそうだったけど。
あーなんかこの設定はユアンにもったいないって思うと
たいがいその次のシーンでユアンにふさわしい展開が待ってるんです。

だれか、本当に予測のつかない映画をつくってほしいもんだ。。




リサ映画

 ポニョーめっちゃー
みたーーーー!

ところで、
皆で船団を組むときの曲が
船団マーチIIってのなんだけど
七人の侍のテーマに聞こえた私は
黒澤病なのかもしれない・・・
戦前〜戦中
日本の曲の作り方決定版!
っていう原典みたいなのがあって
ルーツは一緒とか
そういう感じで似ている。。
アマゾンの崖の上のポニョOSTで
視聴できるのですが
肝心の7人の侍のテーマが見つからない・・。

まぁいいや

とにかくポニョは2回目なんだけど
やっぱり好きだなぁ。これも。
ハウルと千と千尋よりはだいぶ好き。

でも宗助の台詞がなんとも
おじいちゃん・・・。

上々だねーとか
しめた!とか

駿まんま・・・。


24 シーズン8 ネタバレ大会!

いよいよシーズン8が
1月17日からアメリカで放送開始された
24!!

今回のジャックバウアーは
なんと既におじいちゃんになっている。。
(といってもキムの娘がキャスト的に追加されただけで
キーファーはそのままの老け具合だけどw)

というわけで
17日18日は2時間スペシャル×2DAYsがあって
計4話放送されました。

もちろんクロエは健在で、おもいっきり新キャラのアナリストと
対決姿勢。。
なんといってもCTUが復活しNY支社が最初の舞台になってます。
(でもどうせLAで撮影してんだろおまぇら・・・)

あらすじ パート1

孫のあまりのかわいさに、ジャックはキム夫婦と孫のテリー(オカンの名前!!)と
LAに戻ることを決心する。
そのとたん、ロシア人のテロリストからの銃弾を受けながらも逃げ出してきた
ビクターがジャックの家に助けを求めに来る。
ビクターによるとイスラム共和制の最高指導者ハッサンが
テロのターゲットになっているということだった。
そこで、おじいちゃん業に専念しようとしてたジャックはとりあえずCTUに電話する。
で、CTUからはヘリでそっちにいくから、ヘリが止まれそうなビルまで
ビクターを連れてきてくれ!ということになり、
血みどろのビクターをなんとか運び、ヘリポートについた瞬間
テロリストのロケットランチャーでヘリごと吹っ飛ばされ、
ビクターは、国連内部の内通者の存在をほのめかし絶命する。

またこの展開か!この野郎。と、ジャックは思わずにww

クロエも働くCTUNYに戻る。
そこで、一通りの報告を終えた後、
クロエに、どうか一緒に捜査に協力して。
今まで私だってあなたを助けてきたはず。
といわれるも、テロの脅威はもはや僕には関係ないことだ。と
今までになく冷たい態度でクロエを拒絶するジャック。

そうシーズン7の終わりで謎のウィルスにやられたジャックを助けたのは
唯一血のつながりのある娘、キム。
今まで何度キムや家族を危険な目に合わせ、またそのことで傷つけてきたか
それなのに、瀕死の自分を助けたのはやはりキムで
そのことを考えると、テロの脅威と戦うことはジャックにとって苦しいことだった。

CTUを出て、待っていたキムたちと顔を合わせると、
キムは意外なことに、
クロエと一緒にテロの脅威と戦って。それはパパにしかできないからと告げ
ステファンにも私から言うから、いいわ、早く戻ってと
ジャックの性分を理解した発言をする。
クロエでさえジャックの決意を変えられずにいたのに、
瀕死のジャックを助けたキムは、過去の彼女と違い、
ジャックへの理解がもう十分にできていたのだった。

ということで、CTUに簡単に戻ってくるジャック。
一部始終を硝子越しに眺めていたクロエはほっとする。
なぜなら、今までジャック以外のCTUメンバーはクロエの存在をほとんど無視で
ジャックしか頼れる人物がクロエにはいなかった。。
彼女のキャラは何ら前シーズンと変わってはいなかったのだ。



IMAX digital 3D 

こないだは眠いのと眠いので
2行ポストだったアバターについて書く。。


(1)川崎の映画館

どうせならIMAXで観たいと思ってしまい
川崎くんだりまで出かけていきました。

そもそもIMAXなのかどうかっていう
スクリーンのサイズでしたが、
まぁ天井から床までスクリーンがあるっていうところで
許すことにwww


あと、初3D映画ですっごいわくわくしました。
映画館で見たことも
うちでビデオで見たこともなかったので。
幼稚園の頃テレビマガジンに載っていた
赤青立体視眼鏡用漫画とかディズニーランドくらいで
映画で見るのは初。


始めは普通サイズの上映で予告編を流し(スクリーンが余る)
IMAXサイズになってからは、
IMAX見せてやんだからお前らちょっと確認しろ的な
準備用映像が流れて、ティムバートンのアリスの予告編。
うーん・・・いい具合に飛び出てるように見える。
むしろ飛び出るのより、奥行き感が面白いなぁーってかんじ。
いきなり、本編が続く。
何気に20CFOXのロゴも飛び出ていた気がする。

ジェイク・サリーが何故
パンドラへ良くはめになったか・・・っていう導入からはじまる。

んだけども、席を間違えたおばさんの声が響くww
視界が邪魔されるwwwww
これはちょっと映画館の構造が微妙なんだと思った・・・。



(2)3D映画の字幕


そんで、ようやく飛び出るのが本気を出してきた。
字幕も、背景にあわせて黄色や白に色を変えながら飛び出ていた。
すごくみやすいw

うちは腕を組んで、右に傾いて映画みるんだけど(笑)
その状態だと字幕にゴーストがでちゃって、
真っ直ぐになる必要があった・・・。

ところで、字幕自体は観やすいのはいいんだけど
字幕が必要かどうかっていうのがまた問題だった。
正直アバターはストーリーが台詞じゃなくてビジュアルで語るに十分な
映画なので、字幕いらなかったwww
字幕の中の日本語も見ててカッコイイっていうのと程遠くて微妙だし。
吹き替え版があるなら、3D映画の場合は字幕は映画の1要素で、
監督の指示がない場合は字幕をいらないものにしちゃったら良いと思う。

ところで、ナビィたちがしゃべる言葉も開発されてるけど、結局は
ナビィ側が英語を話せるという英語発話者天国状態なのであまり意味ないしw
なんか異種族っていうのを際立たせるならいいんだけど
そこまで、異種族でもないし(人型だからなw)


パンドラの住人はこんなんに見えた。

配色がスティッチに似ている。



つづく。。


AVATAR

川崎まで観にいってきた。

はまった。


<< | 2/4PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

profile

categories

recent comment

ムーラン・ルージュ ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray]
ムーラン・ルージュ ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

BD版の特典が見たくて欲しい!BDドライブを買ったら即効買う!
めぐりズム蒸気でホットアイマスク カモミール14P
めぐりズム蒸気でホットアイマスク カモミール14P (JUGEMレビュー »)

最近これをつかっています。蒸気が出て癒されるというより、アイマスクが不織布ですごい感触良くてそっちにかんげきやわ。。

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM